減資手続きの決議機関

<スポンサードリンク>

減資手続(資本金の額の減少手続)の決議機関

株式会社は、資本金の額を減少することができます。

その場合には、株主総会の特別決議によって、次に掲げる事項を定めなければなりません。

  1. 減少する資本金の額
  2. 減少する資本金の額の全部又は一部を準備金とするときは、その旨及び準備金とする額
  3. 資本金の額の減少の効力発生日

ただし、資本金の額の減少を定時株主総会において決議する場合において、上記1の額が定時株主総会の日 (会計監査人設置会社の場合は、取締役会による計算書類の承認があった日)における欠損額を超えないときは、その決議要件は普通決議で足ります。

株式の発行と同時に資本金の額の減少(減資)をする場合において、当該資本金の額の減少の効力発生日後の資本金の額が当該日前の資本金の額を下回らないときは、取締役の決定(取締役会設置会社の場合は、取締役会の決議)。

<スポンサードリンク>

経営者の強い味方。「ファクタリング」をご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金が足りなくなった。売掛金をいますぐキャッシュに変えたい。

今すぐ資金が必要な方、金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

会社の売掛金を元に、即日での資金調達も可能。債務超過、決算が赤字でも、無担保・無保証での利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。借入では無いから、銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関の信用もアップします!

100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。利用はこちらから。